BLOG

    12月1日

    寒さを感じる季節となってきましたね

    12月1日は710candleオープン1周年

    日頃ご愛顧を賜わっております皆様
    いつかは来店してみたいと思って下さっている皆様
    たくさんの方々にぜひともお越しいただきたくただいまイベント計画中です


    お楽しみに♪

    710candleスタッフ藤谷

    厚真町訪問〜staff report〜

    スタッフの岡田です。

    先週、オーナーと厚真町へ行ってきました。

    地域によっては地割れ、土砂崩れが至る所に。

    避難所には、自衛隊の車が集まっていました。

    その避難所裏に、「こんな時だからこそ楽しい場所を作りたい!」と厚真町役場の職員さんなどが中心になってできた『ハッピースターランド』があります。

    テントにタープにハンモック、
    スラックライン、焚き火、けん玉などがあり、子どもも大人も自由に集まることができる場所です。

    そこで、好きな模様をキャンドルに付けるワークショップを開催しました。

    子どもも大人も興味のある方は誰でも自由に参加できるスタイルです♩

    「見て見てー!」「もっと作りたい!」と目を輝かせながら参加してくれた子供達、

    お母さんがお子さんのイニシャルとビールの絵を付けて「これ最高♩」と笑い合う大人達、

    「今日はキャンドル記念日で♩」と喜び合う、

    本当に温かい楽しい時間でした!

    自然の中で子どもも大人も笑顔になる空間。

    そんな場所を作ってくださった方々と

    「私たちにできる笑顔を増やしてこよう!」と行動したオーナーに

    心から感謝しています。

    被災地の状況は刻々と変わっています。

    その時出来ることを、少しでも。

    スタッフ 岡田

    厚真町へ


    友人のいる 厚真町へ2回目の訪問




    葛藤が無いわけでは無い

    ただの自己満足になってないか
    本当に必要なのか



    サポートする側からも色々な声があって
    ものづくりをしたってどうするんだっていう声もあるし


    身体を動かして 自然の中で遊んだ方がいいとか、私も そう思う





    でも


    ものづくりも 大切な経験の一部だと 私は強く思う


    ワクワク や ドキドキ
    自分で何かを作り出す力が自分にはあるんだということ


    何が起きたって、自分で切り拓いていけるんだって


    キャンドルを通して
    そんな気持ちを味わってもらえたらな。と 思う






    ある方が


    来てくれて ありがとう😊
    凄く楽しくて 自分が被災してるって 忘れられた。って言って下さって





    もう それで 本当に十分だった
    悩んでた気持ちも どこかへ飛んでいってしまった





    本当に来てくれた〜!と笑顔で迎えて下さった皆様や
    面白い!楽しい!
    わぁ!可愛い!


    目をキラキラさせて作ってくれた子供達



    本当に、こちらこそ ありがとうございます。






    長期でサポートが必要な方々も多くいらっしゃると思います


    何が出来るのか それが押し付けにならないよう

    要請があったら いつでも行ける準備は常に出来ています



    自分に出来ることを◎

    繰り返し使えるキャンドルについて

    710candleで日々行っている作業の一つ

    キャンドルの継ぎ足し作業

    お客様が大切に灯して下さっている事を感じられる時間でもあります

    キャンドルは無くなってしまうもの

    そう感じてしまう方も多いかもしれません

    当店ではボタニカルフラワーキャンドルなど繰り返し使用できるキャンドルを複数
    取り扱っております

    先日お預かりしたお客様のキャンドル

    思いのこもったお花で製作した世界で一つだけのキャンドル

    継ぎ足してこのように再生

    710candleではただ減ったロウを加えるだけではありません

    手にとっていただいたキャンドルを末永く安全に灯していただきたい
    そんな思いを込めて

    キャンドルをより安全に灯していただけるよう修復しながらロウの継ぎ足し繰り返し使えるお手伝いをしています

    キャンドルは灯すとロウが溶けてしまう

    その性質は形を変えて生まれ変われる利点でもあります

    溶けてしまったキャンドルは
    形を変えてリノベーション

    そんな作業も楽しみの一つ

    まるで
    あるべき姿は一つではないよと
    語りかけてくれるように

    形を変えたキャンドルもまた美しい

    蘇った灯りが心に寄り添う灯りとなりますように

    710candleではロウの継ぎ足しを随時受け付けております
    キャンドルのリノベーションも気軽にご相談下さい

    安全に安心して使い続けていただけるように

    心を込めて継ぎ足し修復致します

    710candle スタッフ藤谷

    ちょっと疲れたな。と思ったら【サクッと体力回復の話】

    「なんか、ちょっと疲れたな」と思う時はありませんか?

     

    思いっきり動いたあとは、筋肉痛になり

    「あぁ、、あの日動いたからな」

    とわかりますが

     

     

    頭痛や、腹痛、皮膚のブツブツ、、、

    多くは身体が毒素を排泄するための自然の反応なのです。血管拡張作用があり、疲労物質をはやく押し出そうとしているのです。(プロスタグランジン)

     

    筋肉痛のように意図的に。ではなく、無意識に頭を使ったり ストレスを感じたりしてもおこる反応です。

     

     

     

    でも、ちょっと不安になりますよね。

     

     

     

    そうなる前に

     

    いつのまにか蓄積していく「なんとなく疲れを」

    なんとなくのうちに解消する方法があります。

     

     

    それは、意図してぼ〜っとする時間を持つこと。

     

     

     

    私の好きな言葉で ビビサクという言葉があります。

    ビビっときたらサクっと行動

    私の恩師 行動習慣の専門家 佐藤伝先生のお言葉です。

     

     

     

     

    人間が直感を感じるとき、頭の中はこんなにも光り輝いているのです

    https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_7.html

    (東京の国立博物館 人体を見に行かれた方はご存知かと思います)

    脳全体がもの凄く光るのです。

     

     

    ぼ〜っとすると、閃きの時まではいきませんが

    同じように光り輝くのです!

    頭の中に沢山の電気が流れるのです。

     

     

     

     

    オススメはキャンドルを灯しながら、お風呂でぼ〜っとすること。

     

     

    お風呂でキャンドルを灯すと

    なんとなく ほっとします。

     

     

     

    脳内のα波が増えていき、まどろみ なんとなくいい気分になっていくんです。

    そうすると、狭窄(きょうさく)といわれる 腸の捻れが緩和され、善玉菌が増え ストレス緩和や肌が綺麗になる効果も。

     

     

     

    なによりも、何か懐かしさも感じるのです。

     

    それは、私たちが、昔 似たような灯を見たことがあるからなんです。

     

     

    この世に存在している私たちは 皆

    お母さんのお腹の中から産まれてきています。

     

    あたたかな光

    生ぬるい 水の中

    安心で満たされた世界

     

     

    胎児瞑想ともいわれるのがこの行為なのです。

     

     

     

     

    そのためには、良質なキャンドルがオススメです。(宣伝です。笑)

    キャンドルの芯は2000種類あるとも言われています。

    710candle のキャンドルは国産 コットン100パーセントの芯

    ワックスも高品質なものを使用しております。

     

    畑も所有しており、ドライフラワーも製作しております。

    また近郊の農家さんの協力を得て、北海道 道南の草花をメインとして使用。

     

    写真のキャンドルは退職祝いに頂いたお花を、710candleでお預かりし ドライフラワーへ加工

    その後キャンドル製作体験を行なって頂いたお客様作品です。

     

     

    手軽にできる 自分を癒す 行為。

    パフォーマンスも上がり、アイデアも出しやすくなります。

    さくっと体感してみてはいかがでしょうか?

     

     

     

     

    710candle  和泉

     

     

     

     

     

     

     

    花束をキャンドルへ

    オーダーが続々と出来上がっています

     

    思い入れのある花束をキャンドルへ

     

     

    キッカケは私の結婚式

    夫がプレゼントしてくれた花束をドライフラワーにし、キャンドルへ生まれ変わらせ

    高砂へディスプレイしました

     

    遠方の方、海外で挙式された方

    花束をキャンドルへ生まれ変わらせるサービス行っておりますので

    お気軽にお問い合わせ下さい

    info@710candle.com

     

     

     

     

     

    今回の花々は

    祖母の誕生日の花束

    送別会の花

    開店祝いの花

     

    でした

     

    灯し終わった後はランタンとしても使えるようにしてありますし、近郊の方は継ぎ足しも出来ます

     

    灯すのが勿体ない〜 という気持ちが、灯しても大丈夫 という気持ちに変わってもらえたらいいな。と思うのでした

     

     

     

    棚が追加

    店内下段に棚が追加されました

     

    woodmake工房池田さん

    いつも、ありがとうございます

     

     

    shiroiro candleさんの作品も

    沢山納品されました♪

     

     

     

    どうやったら、みんなの作品が綺麗に見えるかな、、、と

     

    今日はスタッフのかなこちゃんと 棚を大幅に入れ替え

     

    満遍なく明かりが当たるようになりました

    candleとのであい

     candleを通して、こころにアカリを灯す 

     

     

    そんな思いで 日々candle をつくり 技術を伝えています

     

    火を扱うものだからこそ

     

    技術をしっかりと学び

    より 安心 安全なものをお届けしたいと思っています

     

     

     

     

     

     

     

    candleに出会い 人生が変わる

    決して 大げさではなく

    コンビニで偶然にも購入した一冊の本が 人生を変える一冊となったのでした

     

     

     

     

     

    それまでは いつも自分に自信がなく

    自分にも相手にも 罰をつけてばかりで

     

     

     

    なんだか つまらなくて くるしくて

     

    愚痴ばかりこぼす 日々

     

     

     

    しかし 今思えば

    その状態を自分で望み 作り出し

    かわいそう。を演じ

     

     

     

     

    自分で穴を堀り、それを 自分で埋め

    何も生産せず 何も貢献せず

    感情を味わい 自分の甘い蜜を吸っていたのかもしれません

     

      

      

     

     

     

     

    人生を変えた本

     

    ある日 ふと 手にした

    佐藤伝さんの 幸せを引き寄せる 朝の習慣

    今はわかりませんが、当時は擦ると良いにおいがするページがあって

    「なんか いいにおい…」

    「表紙もかわいい…」

    漫画本やファッション雑誌以外興味のなかったのですが

     

    なんだか惹かれて購入したのが始まりでした

     

    そこには、誰でも簡単に出来るような ちょっとした習慣がちりばめられていて

    「読みやすいな」

    「やってみようかな」

    と 思い

     

    ひとつ ひとつ

    それを実行していきました

     

    ∵朝起きたら窓をあける

    ∵机に花を一輪飾る

    etc

    本当に簡単にチャレンジできる内容ばかり

     

     

     

    そうしていくうちに

    今まで感じたことのない

     

     ほっとするような

    安らぐような

    なんとなく いい気分の時間が 少しずつ 増えていくのでした

     

    ∵朝窓を開けたとき

    小鳥のさえずりに まぶしい太陽 草花のいい香り 風が髪を通り抜けていき

    なんともいえない はにかんでしまうような気持ちになりました

     

    そういえば…と

    窓なんて 全然開けていなかったな。と気付くのでした

     

     

    ほんの一瞬だけど こんな気持ちになることが出来るんだ…

     

    本の最後のページを見たら

    どうやら 夜の習慣 もあるらしいとのことで

     

    後日 購入し

     

     

    それが 私とキャンドルとの出会いになるのでした